だいぶ大きくなったので、、

もうエアコンがフル稼働してます、、

24℃設定です、、、

中にいるとチョコット寒いです、、(T_T)






いい加減、稚エビを抜かないとマズイので稚エビの移動です。

とりあえず、100ほど掬いました。

IMG_0875_20180524224237e3f.jpg


そして、90水槽へ〜


 IMG_0876.jpg 


次回はいつ掬えるのやら、、、

救い残しの大きめの個体だけ見つけて移動しないと、、^^;






たまにはエビの写真でも、、

iPhoneだけど、、





IMG_0878.jpg 


こちらは、3年経過しました。

なにも変わりませんが、、

いい加減リセットしようかな、、




IMG_0877.jpg 


苔でよく見えませんが、、ターコイズ。




IMG_0879.jpg 


ピントもいたり



IMG_0882.jpg 


レッドビーも、だいぶいい感じだけど、、




IMG_0880.jpg 



でも。。。

気に入ったエビが出ないので、ちょっとやり直します。







にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村 
↑「ポチッとお願いします。m(_ _)m」 
スポンサーサイト

ヌルヌル

さてさて、、1ヶ月ぶりの更新になっていまいました。

時間の経つのは早いですね、、^^;

自分にとっては1週間くらいなんですけど、、^^;



まずは前回の記事でふれたお風呂の話ですが、、



湯船にためたお湯。

翌日に沸かし直したりすると、、

浴槽がヌルヌルしますよね。

ヌルヌルは何なんでしょうか〜 ( ̄ー ̄)ニヤリ




雑菌とかバクテリアが繁殖してるんでしょうね、、

コロニーが出来て、、それがヌメリの原因。



高めの水温と汚れ(餌)

一晩であっという間に繁殖。




これを飼育に置き換えると、、、

水槽内、全てがバクテリアの住み家。

こういう仮説を立てられますね。

水の触れる部分全てが、住み家になりうる事になると、、、




高めの水温というのもキーポイント。

水温によって菌の活性が変わってきます。

立ち上げの時に高水温にするのは、そういう意味です。


立ち上がった順調な水槽を高水温にすると、

今まで活性しなかった菌などが活性化。

よってバランスを崩す。

夏の高水温が鬼門なのは、そういう意味です。

エビのダメージよりか、水槽にダメージを受ける事が大きいのです。




お風呂は止水ですが、、水槽は水が動いてます。

まんべんなくバクテリアが付くのではなく、

水の○○○ところにバクテリアが、、、

〇〇○は想像してくださいね。



水槽を観察すると、、

ミジンコ(貝ミジンコは除く)が、固まって湧いてるところありますよね。

ミジンコの餌場→微生物(餌場)のたまり場



バクテリアが着きやすいところ、着きにくいところ、、

そういう場所があるって事になるのでしょうかね。



水槽自体がバクテリアが定着する場所と想定して考えると、色々見えてくるかもです。


今日はこんなところで、、、




ちなみに

沸かし直しのお湯をキレイにする方法。

前の日に納豆菌的なモノをを入れておく、、

水はキレイなままですよ〜



ちょっと、詰め込みすぎたかな。。。^^;






さて、、今まで使ってたスポンジ


IMG_0786.jpg 


流石に30キューブには、大きすぎました。😁




IMG_0788.jpg 


立ち上げを期に、このサイズのモノに変更

ソイルはアマゾニアのノーマル。


その後ちょっとまわして、、、

右は急遽、45水槽から2.5cmぐらいの種親を15匹くらい移動

左は、選別した♂を8匹くらい入れて、、サイズは2.0cm弱



そして、、白濁りがでて、こんな感じに


IMG_0820.jpg 


右は、エビがソイルをかき回して、土っぽい濁りも追加され、、、

激濁り。^^;

フィルターもすぐ汚れちゃうので、水作を追加でいれました。



IMG_0843.jpg 


なんとか、落ち着いたかな、、

エビは絶好調です。


白濁はソイルが原因と見てるので、放置です。

時が来れば落ち着くと思います。



鑑賞するには耐えられませんが、、

目的はブリードなんで、、、


焦って水換えガンガンとか、、

水槽内のバランス崩す可能性大なので、、




まぁっ、、ソイルが原因だと水換えしても消えないし、、^^;





それにしても左の水槽は調子があがらない、、

理由は、、、( ̄ー ̄)ニヤリ




ではでは。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村 
↑「ポチッとお願いします。m(_ _)m」 

良いサイズがなかなか売っていない、、

さて、、こないだの続きですね。


ろ過、、、

エビの排泄物や食べ残し等の分解・処理が目的でしょうかね。


排泄物や食べ残し、、

個体数や餌あげの頻度などで変わると思いますが。


よく水量でろ過の大きさを考えますが、、

大きい水槽には沢山生体を入れますので、ろ過は大きくする必要があるんですよね。



生体の数と、ろ過の大きさ、、

バランス具合ですよね。。


無駄に多いと、汚れがたまるだけ。

汚れを水槽内に蓄積させておくのも問題あるかな、、



ソイルのカスが結構貯まるんですよね、、

モミモミして出てくる汚れ、、

ソイルのカスと、生物分解の汚れ、

結構区別つきますよ。






大きいからバクテリアが沢山付く、、

そんな事ないでしょう、、

バクテリアを増やたいなら、バクテリアの餌を増やすこと考えればいいかと、、



投げ込みのスポンジを使いだしてから、どうして大きめを購入してしまうんですよね。

なのでリセット時に、スポンジも小さめに変更してます。

でも、、良いサイズがなかなか売っていない、、

ちょうど良いサイズが手頃な値段で手に入らないですよね、、

色々と、、探してます。。




先程に書いた、、

「バクテリアを増やたいなら、バクテリアの餌を増やす」

これ、、結構重要ですよ。

エビを始めたばかり方などは、どうしても少ない数で飼育することになります。


ハッキリ言います、少数飼育は難しいです。

多めの数を飼育するほうが、飼育しやすいです。

理由は、、「バクテリアを増やたいなら、バクテリアの餌を増やす

エビが増えれば、バクテリアも増える。

バクテリアが増えれば、微生物も増え、

生物サイクルも太くなります。

インフゾリアなどもしっかり湧くと思います。



少数飼育は、、、ソイルに依存するのかな、、

ソイルって不安定になりやすいので、そのへんが難しいと思うんですけどね。





バクテリア、、、、

ろ過の中が住み家?


いや、、メインの場所は他に。。。

どこに住み着いてるのか?




ヒントは風呂場に、、( ̄ー ̄)ニヤリ


次回に続く、、




IMG_0779.jpg 




リセットも順次進んで、待ちの水槽も残りわずか、、














にほんブログ村 
↑「ポチッとお願いします。m(_ _)m」 

大は小を兼ねる???

いや〜桜が満開ですね。(^o^)

水道水の温度も上がってきて、、

ROもだいぶ早く貯まるようになってきました。

捨て水のロスも減りますしね、、


RO水、、水温が低いと生産能力が下がります。

真冬の時なんか、通常の1.5倍ほど時間がかかったします。

水温12℃ぐらいでしたね、、、

ROが出来ても、水温が低ければ使えないし、、(T_T)

冬場は色々と面倒です。

でも、。急ぎの時は温度をあげる裏技を使っちゃいます。

IMG_0725.jpg 


湯船につけて追い焚きで、、、( ̄ー ̄)ニヤリ






さて、、タイトルの「大は小を兼ねる?」ですが、、、

スポンジフィルターとか、、、

小さいより大きいほうが良いのか?



ろ過能力が低いと心配だから、大きいものを選んだりしますよね、、

はたしてそれは正解なんでしょうか、、

自分なりに答えは出ているのすが、、


大きければ沢山バクテリアが住み着くと思いますよね、、

それって、、、本当でしょうか?

実際見れる訳でも無いし、、イメージですよね

なんか、、都合のいい話ですよね。。

良くないバクタリアが住み着くかもしれないし、、^^;




スポンジフィルターって、、物理フィルターですよね、、

不要なモノを吸い取るのが主な目的、、



スポンジフィルターでの、ろ過って何を分解するんでしょうかね、、




小さいより大きいほうが良いのか?

数も、、増やす方が良いのか?




考えて見ましょう〜(^o^)





次回に続く





IMG_0386.jpg 



春ですね〜〜





にほんブログ村 
↑「ポチッとお願いします。m(_ _)m」 




ブログ、、書く気持ちが湧いて来た。

インスタとブログ、、


住み分けとか考えてたけど、、


今でしょっ、って感を感たんで、、




なんで、、


取り急ぎ、、( ̄▽ ̄)






エビ熱は、変わってないですよ~~



画像もなくサクッと、、



気楽にいきます。